単価アップさせる方法、高単価商品の作り方

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

ビジネスの売上を考える時に、

売上を分解すると、

単価×数

の2つで売上は成り立っています。

めちゃくちゃシンプルに表現していますが、

 

売上は集約すると、

単価×数 しかありません。

これ以上でも、

これ以下でもありません。

だから、あなたが今より売上を上げたい、

と考えるなら、

この2つのどちらかに取り組んで、

上げていくしかありません。

単価を上げる?かそれとも数を増やす?かのどちらかです。

今日は「単価を上げる」ということについて

少し秘訣をお話したいと思います。

 

 

単価を上げる方法は、いくつかありますし、

僕が書いているレポート

「広告費をかけなくても売上を上げる7つのアイデア」

でも書いているので、そちらもぜひご覧ください。

 

 

今日は、

せっかくなのでそこには書いていない、

原則的な話をします。

 

 

単価を上げる秘訣を

ズバリ言うと

「お客さんとどんな約束をできるか」

です。

 

 

逆に言うと、

お客さんと明確な約束をすることができれば、

 

単価も上がるし、

お客さんから選ばれるようになります。

 

ですが、

一般的には約束をしたくない、

約束をするのはリスクがある、

 

というふうに約束することを

避ける傾向にあります。

 

後々トラブルを起こしたくない、

クレームを出したくない

といったことを色々と考えるのでしょう。

 

 

ですが、

こういったことばかりを考えていては、

あなたのビジネスで、

高単価の商品、メニューを

売ることはできません。

 

 

残念ながら、

こういった考えばかりが先行してしまう人は、

それなりの価格の商品・サービスを提供して、

これからもビジネスをやり続けるしか道はありません。

 

 

高単価商品=結果に責任が持てるものです。

 

つまり、

「その商品によって得られる結果を約束する」

ということなのです。

 

 

これができれば、あなたの商品は、

単価を飛躍的にアップさせることができ、

もっとビジネスを楽にすることができます。

もしあなたが月商100万を達成したいなら、

5000円×200人をやるのか、

10000円×100人をやるのか、

20000円×50人をやるのか、

50000円×20人をやるのか、

 

これはあなたの自由ですが、

もしあなたがビジネスをするなら、

どういう形がいいですか?

ビジネスは、単価×数 です。

単価をどうやったら、

最大化できるか?をぜひ考えてみてください。

 

ポイントは、相手との約束です。

その約束は、お客さんが抱えている不安や悩みを解消する約束であることがポイントです。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント