広告費ってそもそも何のためのもの?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

あなたは、考えたことありますか?

 

広告費といえば、

お客さんに様々な広告媒体を通じて、

プロモーションすることで、

 

商品を買ってもらう、

またはお店に来てもらうための費用と、

考えられていますが、、、

 

こういう風に認識をしていると、

あなたは広告で大きく損をしてしまいます。

 

マーケティングを学び、

マーケティングをしっかりと実践している方なら、

当たり前に分かっていることなんですが、

 

多くの経営者は、間違った認識をしているように感じます。

 

そして、広告にお金を投資しない人のほとんどは、

上記のように考えているので、

なかなか広告にお金を使えないのです。

 

 広告費というのは、「クライアントを獲得するための投資」なのです。

 

これを聞いて、あなたはどう思いましたか?

 

この価値観を持っていて、

当たり前に実践できている人は、

正直本当に少ないです。

 

ほとんどの経営者は、広告費をいくらつかって、

いくら売上になり、そこからどれくらいの利益になったか。

 

 「あー、今回は5万円赤字やわ、、」

「じゃあこの広告は失敗やな」

ってなってませんか?

 

ここで重要なのは、その広告によって、

何人の顧客を獲得し、その顧客が将来どれくらいの売上、

利益をもたらしてくれるのか?

 

ということなのです。

これがいつもセミナーでも話している、

ライフタイムバリューですね。

 

ビジネスは、ライフタイムバリュー(LTV)が命です。

 

このLTVをいかに伸ばせるか、

なのです。

 

LTVがわかれば、

広告費を使って集客をして、

最初は赤字でも、将来的に利益になればいいわけです。

 

あとは、その利益化する期間をどこに持ってくるかです。

その期間を長くできればできるほど、あなたを競合より大きく差をつけることができます。

 

なぜなら、競合より多くの広告費を使うことができるからです。

 

でも、あなたがマーケティング初心者なら、

とにかく最初は、お客さんとの最初の取引で利益をあげない

ということを意識してみてください。

 

「広告費はクライアント獲得のための投資」

 

このマインドをぜひ持っていただければと思います。

 

あとUSPも大事ですが、それより意識してほしいことは、

「相手が断れない、抵抗できないほど魅力的なオファー」

を提示してください。

 

断ることで、損してしまうと思ってしまうようなこと、

断ることがバカらしく感じてしまうこと、

そんなオファーが

相手に提示できれば、最強です。

 

極端にいえば、「通常2万円の商品を今だけ、

30人限定で「無料」でプレゼントします!」

 

こんなオファーがあったら、もらっとかなきゃ損!ってなりませんか?

 

もちろん、なんで無料にするの?

っていう反論があると思うので、

正当な理由付けが重要になるわけですが、、、

 

つまり、こういうことなのです。

 

いかに相手が抵抗できない

強力なオファーをできるか?です。

 

 今日の話は、

「広告費はクライアント獲得のための投資」ということです。

 

そして、その広告をする時は、

相手が抵抗できないほどの強力なオファーを

提示してください。

 

 これができれば、

あなたが集客やクライアント獲得で

困ることはありません。

 

ぜひ今日の内容をベースに、

実践してみてくださいね!

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

 

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント