なぜ、近江商人は井戸に投げ込んでまで顧客台帳を守ろうとしたのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

今日のテーマは、マーケティング、ビジネスの本質の話をしたいと思います。

 

ビジネスにおいて、

最も価値があり、

最重要視しなければならないもの。

 

それは、顧客リストです。

 

これは、私のメルマガを読んでくれている

あなたであれば、既にそんなことぐらい知ってるよ!

って言いたいと思います。

 

はい、言ってください。笑

 

ですが、ここで本質的な話をします。

 

それは、本質的には、

顧客リスト自体に価値があるわけで

はないということです。

はい?

 

栃本さん、何言ってるんですか。

 

顧客リストに価値があるんでしょ。

 

だから、近江商人は、

その昔、火事があった時に

真っ先に顧客台帳を井戸に投げ込んで

必死になって守ろうとしたんでしょ。

 

はい、その通りです。

 

でも、厳密には少し違うんです。

 

顧客リスト自体に価値があるのではなく、

 

その顧客リストは、これまで長い年月をかけて、

信頼関係を育んで来ているわけです。

 

つまり、顧客リスト自体に

価値があるわけではなく、

 

その顧客リストと長い年月をかけて

築き上げてきた『信頼関係』にこそ、

本当に価値があり、それが無形資産になるのです。

 

だって、せっかく長い時間と

多くのお金を使い、

顧客になってもらい築き上げてきた

信頼関係のある顧客リストが

なくなってしまえば、

 

また1から集めていかなければいけません。

 

ビジネスで最も難しく、お金がかかるのは

新規顧客の獲得です。

 

もちろん新規顧客獲得は

継続してやっていってほしいのですが、

 

マーケティングとは、

いかにして顧客を獲得し、

その顧客を維持するか。

 

これこそが、ビジネスです。

 

ほとんどの場合、

この顧客維持ができれば

 

ビジネスは安定していきます。

 

ですが、顧客維持ができないために

ビジネスは衰退していってしまうわけです。

 

なぜなら、新規顧客の獲得を追い求めていては

利益は生まれていかないからです。

 

顧客維持のために、

あなたは何ができるでしょうか?

 

本日も最後まで読んで頂きまして、

ありがとうございました!


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント