顧客とクライアントの違い

Pickup! 動画セミナーを無料公開しています

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  自力集客型起業家プロデューサー/マーケティングコンサルタント/コピーライター・デザイナーの顧客獲得コンサルタント 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験し、トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でダイレクトレスポンスマーケティング専門にしたコンサルタントとして独立。 現在では、スモールビジネスが高単価で顧客獲得するためのビジネスモデル作りを支援している。

こんにちは。マーケティングパートナー代表、

自力集客起業家プロデューサー/マーケティングコンサルタントの栃本常善です。

本日は、顧客とクライアントの違いについてお話をします。

えっ?
顧客とクライアントって一緒じゃないの?
と思われた方も多いと思います。

 

Yahoo!辞書で調べてみると、
◆クライアント(client):依頼人、患者、顧客、得意先
◆顧客(customer):顧客、得意先、取引先

 

となっています。ほぼ一緒です。笑

ただ、世界ナンバーワンマーケッターのジェイ・エイブラハム氏はこのように言っています。

 

「クライアントは、あなたの保護下にある人で、
顧客は、商品やサービスを買う人だ」

 

これ、とても大事な考え方です。
ビジネスの繁栄に最も大事なのは、お客さんに永続的に商品・サービスを利用してもらうことですよね。
そうなると、必然的に「クライアント」になってきます。

つまり、
商品・サービスを一度買ってもらった後、その後連絡やフォローも一切ない会社と
商品・サービスを一度買ってもらった後、その後利用されてみていかがですか?とフォローする会社と

 

どちらの会社に、好感を持てて、また新商品・新サービスを買おうと思うかです。

 

一目瞭然ですね。

これ、めちゃくちゃ基本的なことですが、ほんとに大事な考え方だと思います。

 

できていない人、会社は

実際肌感覚ではありますが、めちゃくちゃ多いと感じています。

 

「顧客」と思うか
「クライアント」と思うか

 

で提供するサービスや商品、またお客さんとの関わり方も変わってきます。

 

ビジネスとは、

いかにお客さんと接点を持ち、そのお客さんをクライアント化し、

様々な手段でクライアントと

定期的にコミュニケーションを取りながら、

関係性を築き、

商品・サービスを通じて、価値を提供していくこと

 

これがビジネスの本質ではないでしょうか。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです♫

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント

不変の地域ブランディング戦略とは▶︎▶︎

【無料】合計4本の動画差し上げます