「コンサルタント」の定義と活用の仕方

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

 

あなたはコンサルタントを

 

つけたことがありますか?

 

 

おそらくまだまだつけている方は

 

少ないと思います。

 

 

 

もしかしたら、

 

コーチやメンターのような方を

 

つけている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

コンサルタントって名のつく人は

 

世の中にたくさんいます。

 

 

 

例えば、

 

経営コンサルタント

 

ITコンサルタント

 

税務コンサルタント

 

人事コンサルタント

 

キャリアコンサルタント

 

マーケティングコンサルタント

 

Webコンサルタント

 

 

などなど。

 

 

 

色々な分野のコンサルタントがいます。

 

 

ですが、

 

 

あなたは、ニーズに合った

 

コンサルタントに依頼をしていますか?

 

 

 

すでにコンサルタントを

 

雇っている方も、

 

これからコンサルタントを

 

雇おうと思っている方も、

 

是非今日のポイントは

 

意識しておいてください。

 

 

 

まず大前提として、

 

コンサルタントは、

 

「作業」や「手続き」、

 

またはなんらかの作成業務を

 

代行する人ではありません。

 

 

コンサルタントの仕事は、

 

あくまで、

 

クライアントが抱える問題に対して、

 

適切な解決策、提案、情報提供をして、

 

課題解決に導くことです。

 

 

そして、

 

重要なポイントは、

 

クライアントに

 

中立でなければならないと

 

個人的には思っています。

 

 

 

なぜなら、

 

経営者は孤独です。

 

 

特に中小企業の経営者は、

 

幹部社員や2番手の人材不足に

 

悩んでいる方が多いです。

 

 

そのため、

 

重要な経営判断、

 

投資判断などの意志決定を、

 

自分一人でしなければならない

 

という現状があります。

 

 

なので、

 

コンサルタントというのは、

 

それぞれもちろん専門分野が

 

あるわけですので、

 

 

その専門分野においては、

 

常に中立でなければいけません。

 

 

 

ですが、

 

近年のコンサルタントと

 

名乗る多くの人は、

 

コンサルタントというのを利用して、

 

バックエンドで特定の商品を

 

売っているという

 

ケースが非常に多いです。

 

 

 

Webコンサルタント

 

 

ITコンサルタントという名の方も、

 

 

実はフタを開けてみたら、

 

結局は、

 

自社のHPソフトを売ったり、

 

ITシステムを導入させたり、

 

または代理店として、

 

販売手数料で収入を得ていたり、

 

 

しているというのが実情です。

 

 

 

結局は、1営業マンに過ぎないのです。

 

 

 

それは、

 

コンサルタントではありません。

 

 

 

コンサルタントは、

 

その分野においては、

 

常に中立でなければなりません。

 

 

 

位置づけとしては、

 

外部にいる幹部社員のようなものです。

 

 

 

そして、

 

その専門分野の知識やノウハウにおいては、

 

常に経営者よりも

 

上を行っていなければいけません。

 

 

 

なぜなら、

 

それが価値であり、

 

コンサルタントの商品に

 

なっているからです。

 

 

 

そして、あなたに今日お伝えしたいのは、

 

コンサルタントを雇うメリットです。

 

 

 

その最大のメリットは、

 

自分で考える時間を短縮し、

 

結果を早められるということです。

 

 

もちろん、

 

自分で考えることも

 

必要な場合もありますが、

 

 

考えるべきことと

 

考えないでいいことを

 

切り分ける必要があります。

 

 

考えるべきことは、

 

自分の理念やビジョン、目標などです。

 

いわゆるマインド的なものです。

 

 

ですが、ノウハウは

 

考えなくていいんです。

 

 

このノウハウを考えようとしてしまう人、

 

実はかなり多いです。

 

 

ですが、

 

ノウハウってすでに

 

結構世の中に出まくってますし、

 

それこそ、

 

コンサルタントが持っています。

 

 

そして、

 

お金で買えます。

 

 

じゃあそのノウハウを自分で一から学ぶ?

 

 

でもそのノウハウが

 

あなたに必要なのかはわかりません。

 

 

 

だったらコンサルタントを雇って、

 

 

本当にあなたにとって

 

必要なノウハウだけ仕入れて、

 

 

行動した方が早くないですか?

 

 

ってことです。

 

 

要は、コンサルタントを

 

雇うメリットは、

 

あなたに「今」必要な知識やノウハウを、

 

最短で得ることができるということなんです。

 

 

 

もちろん、

 

自分で極めたい!

 

と思うタイプの方なら、

 

それはそれで別に構いませんが、

 

 

あなたが合理的なタイプなら、

 

「コンサルタント雇った方がええやん」

 

 

ってなると思います。

 

 

 

是非、

 

今日のお話を参考にしてみてください。

 

 

 

要するに、

 

周りの専門家を頼った方が楽ですし、

 

スピードも早いですよ、

 

ってことです。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント