目の前に仕事に追われていては成長はない

Pickup! 動画セミナーを無料公開しています

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  自力集客型起業家プロデューサー/マーケティングコンサルタント/コピーライター・デザイナーの顧客獲得コンサルタント 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験し、トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でダイレクトレスポンスマーケティング専門にしたコンサルタントとして独立。 現在では、スモールビジネスが高単価で顧客獲得するためのビジネスモデル作りを支援している。

最新記事 by 栃本 常善 (全て見る)

こんにちは。商品と情熱に自信がある経営者のビジョンを実現するマーケティングコンサルタント、株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。
 

成功するには考え方がすべて

 
僕はおかげさまで、独立前からダンケネディという超人的な起業家の非常識な考え方に触れられたおかげで今があると思っています。近いうちに必ず彼に直接会いたいと思っています。

 

多くの一流の人たちが口を揃えて言うことがあります。それは、「成功するには考え方がすべて」と。今だからわかります。本当にそうだなと。

たとえば、今のビジネスのステージをなかなか上げられない人がいます。こういう人たちのほぼ全員が同じ症状を発症しています。それはどんな症状がというと、「自分の目の前の仕事に追われている」ということです。要は、目の前の仕事を必死にこなしている状態ということです。

もちろん目の前の仕事を全力で行うことはもちろん大事なのですがそれだけでは人の成長はありませんし、ビジネスの成長もありえません。

 

人に任せられるかどうか

それで、こういう目の前の仕事に追われてしまう人というのは、決まって「人に任せるのが苦手」です。人に任せるのが苦手な人というのは、厳密には任せるのが苦手なわけではなくて、「自分がやったほうが早い」と考えが根底にあります。職人系の方に多いのですが、この「自分がやったほうが早い」というのは、別に本当にその人がやったほうが早いわけではないのです。

この心理は、要は、「自分の求めているクオリティに達しないから、結局そこから修正や改善をしてもらったり、細々とやらないといけないから、めんどくさいし、時間もかかるから結局自分がやったほうが早い」ということなのです。

 

クオリティの基準をどこにおくか

でも、ちょっと視点を変えてみてください。その「自分の求めているクオリティ」ってそのクオリティの基準って、本当にお客さんはそのクオリティを求めているのか?ってことです。例えば、美容師の業界で、3年とか5年もシャンプーとかアシスタントやらせて、なかなかスタイリストデビューさせてもらえないみたいな話がありますけど、でも、僕からすれば、それって本当に5年もいるの?と思うわけです。まだ技術が追いついていない、スキル不足だと。でもそれってあくまで美容師側の基準であって、その基準をお客さんは求めているのか?は別の話です。

話を戻しますが、人に任せられない人の根底にある問題というのは、「不完全なものを許せないこと」にあると僕は思っています。この世の中には完全なものというのは存在しません。必ず不完全です。そして、完全というのは、あくまで主観であり、解釈の問題で、事実ではないです。

 

昔上司に企画書を作る時に、「それで完璧?絶対それで明日契約取れる?」なんてことをよく聞かれました。しかも、「企画書には時間をかけるな、かけても1,2時間だ」なんて言われていました。どこの誰が1,2時間で完璧な企画書が作れるねん!と思っていましたが、今だからはっきりと言えます。そんな完璧な企画書なんて存在しませんし、そんなものを追い求めてはいけません。あなたは完璧なものを無意識に追い求めていませんか?

 

社員に求める基準をどこにおくか

もっと商品を完璧にしてからじゃないと、、、もっとスキルを磨いてからじゃないと、、、こういう人によくある傾向として人に任せられません。なぜなら、多くの場合社長や上司のほうがクオリティやスキルが高いのはあたり前です。それで、同じようなレベルを社員や部下にも求めてしまいます。

 

だから、相手はしんどくなります。それで、結果としては、社員はストレスを抱えてしまい、やめてしまうのです。そして、そういう人が口を揃えて言うのが、「社員を入れてもすぐ辞めるから、もう人を雇うことはやめました」とか「今の若いやつは根気がない、すぐやめる」と言います。でも、それは本質ではないと僕は思います。

本質に向き合わないとその人の成長はありませんし、人の成長こそが事業の成長であり、会社の成長です。あなたはどうですか?もし今日の内容を聞いて、「ギクッ」としたなら、伸びしろですね。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

====================


◼︎LINE@始めました♫

期間限定友達追加の特典として以下の3つからお好きな動画をプレゼントしています! 

①無形商品・サービスを提供している専門家のためのノウハウの出し方 

②facebookでお金をかけずに効率的に見込み客を集める方法 

③スムーズに売れる高単価商品を作る3つの秘訣

↓↓↓

友だち追加

 

◆登録方法◆
1.上記ボタンをクリックするか、LINEアプリを開く
2.友だち追加画面を開く
3.「@tochi-t」を検索▶︎追加

====================



この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです♫

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント

不変の地域ブランディング戦略とは▶︎▶︎

【無料】合計4本の動画差し上げます