そもそも「仕組み化」とは?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。ウェブ集客×顧客獲得の仕組み作りの専門家株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

仕組み化とは?

さて、「仕組み化」とは?
というテーマでお届けします。仕組み化とは、簡単に言ってしまうと、何も考えなくてもできる作業レベルまで落とし込めた状態を仕組み化と僕は呼んでいます。
例えば、facebook広告のテストを例にしてみれば、画像をテストして、次に見出しをテストして、そして、テキストをテストして、テストする時は、2つ以上の要素を同時に変更しない、コンバージョン単価が2000円を超えた場合は、改善を行うというふうにルールを作ってしまえば、別に自分じゃなくてもテストができるようになります。
こうなれば、ある程度は仕組み化できたという状態と言えます。
本当に仕組み化しようと思うなら、もっと細かくルール決めが必要になります。

仕組み化できると自然と商品が売れていきます。

こうやって仕組み化できるようになると、家族と食事をしたり、実家に帰省してゆっくりしていても、ほぼ自動的に集客ができるし、自然と商品が売れていき、クライアントも獲得できるようになります。
(実際にスマホ片手にリビングでメールをチェックするなどの仕事をしていることだってあります)
実際に昨日と今日の2日間で何もしなくても5件の新規見込み客リスト+セミナー申し込み4名、個別相談の申し込み2名が入っています。
これはたまたまこの2日間のことだけを話しているだけですが、しっかりと数値を取っていくと、ほぼほぼ大きな差異はなくなってきます。
例えば、リスト獲得したうちの12%が個別相談に申し込みが入り、個別相談者の40%がバックエンド商品に申し込んでくれ、リスト獲得したうちの5%がオンライン教材を購入してくれる。
という数値が分かっていれば、それを前提に広告費をかけていくことができます。
(あくまで数値は仮です)といったように数値を計測していくことが重要です。
こういう数値を取って、ちゃんとやっている人って案外少ないんです。
ちなみに、僕はまったくオンオフの切り替えってやらないんです。
これはクライアントさんに言ったら驚かれたんですが、普通に休みの日でも、普通に時間ある時は、チャットワークやfacebookメッセンジャー、Gmailのチェックと返信をしたりしています。
社員やパートナーさん、クライアントさんからのメールは逐一ありますからね。
あと僕の場合、普通に平日にも仕事を休んだりしますので、そういう場合、いちいちオンオフとかを無理やり切り替えようとするとかえってすごくストレスかかったりします。
あ、さすがに電話は出ませんけどねf^_^;_
話を戻しますが、仕組み化ができるとそういった意味では、自由な時間が増えます。
僕は、働きまくっていますが、それでも息子と過ごす時間は一般的なサラリーマンや社長よりもかなり多いのではないかなと思います。
平日は半分以上、息子とお風呂に入っていますし、月、木は保育園への送り迎えもしていて、朝ごはんや晩御飯もたまに作っています。
ぜひ、あなたもマーケティングの仕組み化に取り組んでみてくださいね。

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント