フロントエンドとバックエンドとは

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。栃本です。

本日は、競合より優位に立ち、

安定して利益、収益をあげるビジネスモデルにするためのヒントをお伝えします。

それは、

フロントエンドとバックエンドについてです。

みなさん、聞いたことがありますでしょうか?

マーケティングを語る上で、

ぜひ知っておいてもらいたい基本中の基本です。

まず、

フロントエンド。

これは、見込み客(まだ顧客じゃない人)→顧客になる最初に提供する商品のことです。

要は、新規集客するための商品と考えてください。

そして、

バックエンド。

これは、フロントエンドを買ってくれた顧客に対して、

2回目に販売する商品で、利益を上げるための商品と考えてください。

つまり、新規のお客さんに提供するのが、

フロントエンドで、

一回商品を買ってくれたことがある、いわゆる既存顧客に買ってもらうのが、

バックエンドになるわけです。

こんなふうにとりあえずは理解していただければと思います。

そして、

この仕組みを作ることで、

あなたのビジネスは、この仕組みをやっていない競合より、

優位に立つことができます。

おそらくこの仕組みを取り入れているところは、少ないと思います。

あなたが通販業界であれば、話は別かもしれませんが、、、

ですが、店舗系ビジネスであれば、

この仕組みを導入するだけで優位に立てる可能性が出てきます。

このフロントエンド、バックエンドそれぞれにポイントと役割があります。

フロントエンドは、

1、とにかく「集客数」を最優先に考え、お客さんにとって買いやすいものにする

2、あくまで目的は顧客化すること

3、利益は考えず(むしろこの段階では赤字で良い)、何より数を獲得することが重要

バックエンドは、

1、顧客となった既存客に売る

2、低価格~高価格でも利益を上げること

特に重要なのは、

フロントエンドで利益を出さない

ということです。

どういうことかいうと、

利益を考えると、それだけ値段が高くなります。

価格を低価格にすることでそれだけ、集客数も上がります。

利益を意識しすぎると、

それだけ集客数が減ってしまい、

その後のバックエンドの売れ行きに影響が出るわけです。

そうです。

バックエンドの販売数、売上は、フロントエンドの母数にかかってくるわけです。

より利益を上げて、商品を多く販売するには、

フロントエンドでは、数を重視しより多くの顧客を獲得し、

バックエンドでは、そのフロントエンドで集めた顧客に本商品を販売することで、

利益を最大化するということです。

だいたいお分かりいただけましたでしょうか?

これはもちろん基礎になりますので、まず考え方として理解をしていただければと思います。

業界やビジネスによっても、多少カスタマイズしますし、すべてが絶対というわけでは当然ありません。

これを元に集客プロセスを作ることで、

安定した収益モデルを作ることができるようになります。

ぜひみなさんのセールスプロセス、仕組みを一度競合の状況なども踏まえて、

見直してみてください。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント