見込み客を「無料オファー」で集める

Pickup! 動画セミナーを無料公開しています

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  自力集客型起業家プロデューサー/マーケティングコンサルタント/コピーライター・デザイナーの顧客獲得コンサルタント 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験し、トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でダイレクトレスポンスマーケティング専門にしたコンサルタントとして独立。 現在では、スモールビジネスが高単価で顧客獲得するためのビジネスモデル作りを支援している。

こんにちは。集客代理人の栃本です。

本日は、「見込み客の集め方」について。

みなさんは、

見込み客を集める仕組みを持っていますか?

ビジネスの基本の流れは、

集客

購入

フォロー

再購入

常連客化

とざっくりこんな流れだと思います。

当たり前ですが、

一番最初の集客がないことには、

ビジネスは始まりません。

今日はこの中でも、

最初の集客、見込み客の集め方をお話できればと思います。

見込み客を集めることはある程度仕組み化することが出来ます。

どうやってやるか?

それは、「無料オファー」を使うことです。

特に高額商材を扱うビジネスをされている方に向いているかもしれません。

例えば、

300万円の車をあなたが売っているとします。

あなたがその300万を売ろうとするとき、

今すぐ300万円の車が欲しい人を探しますか?

もちろんそれもいいですが、

大変じゃないですか?

そんな全国飛び回るわけにもいきませんし、

そもそもそんな情報どうやって聞き出そう、、、

でも、どうですか?

車好きの人、車に興味・関心の高い人を集めるならどうでしょう。

それなら、最初より簡単そうじゃないですか。

つまり、今すぐ車が欲しい人ではなく、

これから車を買いそうな人、車好き、車に興味がある人を集めるのです。

では、どうやって集めるか?

見込み客と接点を持つことができるあらゆるメディアで無料オファーをします。

例えば、

ネットであれば、

フェイスブックやブログを使ってもいいです。

その他、

異業種交流会に参加したり、ロータリークラブや経営者や重役が集まりそうな、

会員制コミュニティに入るのも方法です。

そういったところで、

そんな車好きが興味を持ちそうな情報を無料で差し上げるのです。

たとえば、

車を長持ちさせるコツとか、芸能人に人気の車上位ランキングなど車に興味がある人が欲しがりそうな情報をまとめた小冊子をあげたり、

車の最新モデルや豆知識を掲載したニュースレター、メールマガジンなどもやってもいいと思います。

そういったものを活用して、

まずは「関係を持つ」ことが重要になります。

それをきっかけに定期的に情報提供したり、

新車の試乗会や展示会とかに招待をしたり、

そうやって車が買うタイミングになるまで関係を維持し、

さらには、返報性の原理を使い、こちらから与え続けるのです。

要は、そうすることで、

こんなにしてもらったから、何か相手にしてあげないと、、、

ということになります。

そして、最終的には、

「○○さんには色々してもらったから、君から買うよ」と言ってくれるようになります。

無料オファーによって、見込み客を集めると、

こんな感じで向こうから買ってくれるようになります。

ここで書いたように簡単にはいかないと思いますが、

このプロセスをしっかりと仕組み化できれば、

安定して売上を維持することができるようになります。

ぜひあなたのビジネスにこの「無料オファー」を提供できないか、

考えてみてください。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです♫

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント

不変の地域ブランディング戦略とは▶︎▶︎

【無料】合計4本の動画差し上げます