えっ?顧客情報を取っていない!?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

先日、知人の紹介で、

とある自動車整備・中古車販売会社さんに

訪問してきました。

 

お悩みとしては、

ホームページを作り変えたい、という相談でした。

 

それで、ホームページを見てみると

7年前くらいに作ったとのことで、

それはそれは、更新も5年くらいされていない、

ひどい状態でした。

 

私はいつも、特定の相談(例えば、ホームページを作り変えたいという相談)であっても、

かならず、その背景を聞くようにしています。

 

なぜ、ホームページを作り変えようと思ったか?

ホームページを作る目的、また得たい結果は?

などなど。

 

そこでいつものように、いろいろヒアリングをさせていただきました。

 

進めるなかで、

現在の主な集客経路を聞いてみると、

Goo-netとガソリンスタンドからの車検依頼がメインとのことでした。

 

それでさらに根掘り葉掘り聞いていくと、

どうやらガソリンスタンドからの車検依頼というのは、

ただ、紹介されて車検業務をするだけ、

といった状態だったのです。

 

つまり、顧客情報はすべてガソリンスタンドが保有しているので、

そこの売り上げのみで、その顧客は一切将来に繋がらないのです。

 

これは非常に危ない、と思いました。

 

ビジネスって、

顧客を獲得して、維持することが究極の目的です。

 

なのに、売上はその時は上がっているけど、

顧客の獲得にはなっていないのです。

 

あとは、車検に通るカスタムにかなり自信があるようでした。

 

ですが、まったくお客さんには伝わっていないんですね。

もったいないなと思いました。

 

まさに私が日頃言っている、

「商品がよければ、お客さんは来る。」

 

来ません。笑

 

現に、

まったく売れていない、とのことでした。

 

伝えるべき人に伝えなければ、もちろんお客さんは来ません。

 

非常に自分自身としては

やりがいのあるクライアントさんです。

 

この会社のこれからの変化が楽しみです。

 

本日も最後までお読み頂きまして、

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント