起業家がメルマガをやるべき理由⑤ 未来預金を蓄積することができる

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。名古屋マーケティング実践会主宰、マーケティングパートナーの栃本常善です。

 

メルマガをやるべき理由シリーズも大詰めになってきました。

 

さて、今日は、起業家がメルマガをやるべき理由⑤ 「未来預金を蓄積することができる」

ということについてお届けしていこうと思います。

 

「未来預金を蓄積する」ってどういうことか?ということなんですが、

メルマガは直近の売上を上げるためにやるものではありません。

長期的に安定した集客、ビジネスにしていくため、自分のブランディングをしていくため、

など、要はいかに将来のビジネスを安定させていくか、というものです。

 

なので、いかに読者との信頼関係を構築していくか、が重要なのです。

ここでは、読者との関係性=預金残高として例えますが、

読者との関係性を悪化させる(読者に売り込みばっかりする、信頼を失うような発言、行動をする)

つまり、これは預金をどんどん使っていくことになるわけです。

 

それでは、将来の売上を作っていくことは非常に難しくなってきます。

 

でも、しっかりと読者との信頼関係を作る(未来預金を貯める)、つまり読者に役に立つ、有益な情報、ノウハウを提供する、読者の共感を得られるストーリーを書くなどして、

読者との絆を作っていけば、それはまさに未来預金という名の「究極の資産」になっていきます

 

資産は、いくらでも収入を生み出してくれます。

現金は、使えば当然ですが、なくなっていきます。

 

このメルマガを継続していくことによって、読者との絆を深めて、未来預金を蓄積していくことで、

将来的には、いくらでも好きな時に収入を生み出せる、というような状態を作り出すことができるのが、メルマガなのです。

 

自分のビジネスをコントロールし、成功を収めている起業家のほとんどはメルマガをやっています。そこからもその成果は実証されていますね。

 

僕自身もまだ1年少しですが、その効果をようやく読者が1000人近くになったあたりから感じ始めています。

 

ぜひ、あなたもメルマガを継続発行してみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

P.S

◼︎メルマガを使って集客の安定化を図り、クライアント獲得につなげたい方へ

▶︎▶︎▶︎メルマガ集客&顧客獲得セミナー


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント