なぜ、マーケティングが必要なのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

マーケティングはビジネスにおいては必須です。

車でいったら、エンジンみたいなものです。

 

マーケティングなしでは、ビジネスを持続的に成長させていくことはほぼ不可能です。

 

なので、マーケティングを学ぶか学ばないか、という議論の余地はないのです。

 

学ぶしかないのです。

 

まあそうはいっても、私のメルマガを読んでいるあなたならきっとマーケティングの本とかは一冊は少なくとも読んだことがあると思います。

 

また教材やセミナーなどでも学んでいる方が多いと思います。

 

でも、結局何かやっていったらいいの?ということがわからずに、最初の一歩を踏み出せていない方も多いと思います。

 

じゃあ何からやったらいいの?ということで究極に言ってしまえば、

それは、誰がお客さんか?を決めることが

 

その第1ステップじゃないかな、と思います。

 

これについては、いろいろな考え方があるので、正しい方法とは思わないでください。

あくまで私の考えですから。

 

でも、誰がお客さんか?ということが具体的になると、マーケティング活動がとても楽になります。

 

だって、その人に振り向いてもらい、満足してもらうビジネスにすればいいからです。

 

めっちゃ簡単にいいましたが、究極はそういうことです。

たった1人の人を満足させられなければ、誰も満足させることはできないのです。

 

だから、誰?という理想客を1人決めてください。

 

そして、その人のことを徹底的にリサーチする。これが本当に重要で、これでほぼ8割決まったようなもんです。(おおげさじゃなく、マジです)

 

まあこんなこと言っても、おそらくマーケッターやコピーライターじゃない限り、ほとんどリサーチなんてする人いませんけどね(笑)でも、「めちゃめちゃ大事」なんです。(宮迫風)

 

「お客さんのことなんて、だいたいわかってるわ」という知ったかぶりが非常に危険なんです。

・(商品購入前に)どんな悩み、不安、問題があったのか?

・なぜ、あなたの会社・商品を選んだのか?数ある会社や商品・サービスがある中で。

・商品を買ってどう変化したか?(上記の悩み、不安、問題も含めて)

などなど。

 

一部ですが、こんな質問をする中で、ヒアリングをしていくと、お客さんが価値を感じてくるポイントが見えてきます。

 

USP(独自性のあるウリ)を見つけるのもこのステップを踏むのがまず鉄板です。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント