売る側の都合を重視するな

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

 

栃本集客代行オフィスの栃本です。

 

 

今日は、

 

名古屋栄のスタバで

 

メルマガを書いています。

 

 

 

7月は色々とプライベートでも行事があります。

 

そして、自分のビジネスにおいても、

 

新しく色々なことにチャレンジし始める月でもあります。

 

 

今からワクワクしています。

 

 

ちなみに余談ですが、

 

プライベートでは、

 

ヨガを先月から始めて、

 

そのせいかわかりませんが、

 

調子がいい気がします。←わかりやすい笑

 

 

ヨガって全身の力が抜けて、

 

緊張状態だった身体がリラックス状態になります。

 

しかも気持ちのいい周波数の音を感じながら、

 

ヨガをするので、

 

めちゃくちゃリラックスできました。

 

 

興味がある方はぜひ私まで。

 

月1回、名古屋市の緑区でやっています。

 

 

とっても魅力的で素敵な先生ですよ。

 

 

 

さて、今日のテーマです。

 

 

「売る側の都合を重視するな!」

 

ということですが、

 

 

色々な店舗、企業のチラシなどの

 

広告キャンペーンを見るのですが、

 

やっぱりほとんどが売り手の都合ばっかりなんですね。

 

 

例えば、

 

「当社ではこの度新商品を開発し、この商品を開発するにあたり、

 

私たちは長い年月をかけてきました、、、、どうたらこうたら、、」

 

 

 

いやいや。そんなんどうでもいいから!

 

 

完全にあなたの会社の話じゃないですか。

 

 

そう。

 

完全な売る側の都合です。

 

 

別にその商品を作るのに、

 

どれだけ時間がかかって、

 

どこの誰が作って、

 

開発コストがいくらかかって、

 

とか興味ないし、

 

お客さんにとって関係がないことです。

 

 

 

そんなことをお客さんは

 

知りたいんじゃないんです。

 

 

 

お客さんが本当に知りたいことは、

 

 

自分にどう役立つか?

 

どんなメリットがあるのか?

 

 

ってことです。

 

 

つまり、

 

人って、

 

基本的に自分のことしか考えていません。

 

自分大好きなんです。

 

 

だから、

 

よくいうのが、

 

フォーユー

 

ではなく、

 

フォーミーですね。

 

 

「私」

 

ではなく、

 

「あなた」

 

を主語にして、

 

メッセージを伝えるんです。

 

 

それだけで、

 

一気にお客さんは、

 

あなたのメッセージを読んでくれるようになり、

 

反応も変わってきます。

 

 

 

あなたの会社が発信している

 

あらゆるメディアのメッセージは、

 

こんなことに陥っていませんか?

 

 

ぜひ見直してみてください。

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント