口コミの威力は半端ない!

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

さて、今日のテーマは、

 

口コミの威力について。

 

 

 

いうまでもないと思いますが、

 

口コミ広告の効果は

 

誰もが信頼できるものですよね。

 

 

経営者の方とお話すると、

 

どのようにクライアントを集めて、

 

獲得しているんですか?

 

 

と聞くと、

 

まあ多いのが、

 

「口コミとか紹介だね」

 

という答えが返ってきます。

 

 

確かにもっとも信頼できる

 

集客方法です。

 

 

ですが、ちょっと待ってください。

 

 

その口コミ、

 

どれくらいの普及率が

 

あるか知っていますか?

 

 

 

まず口コミが起こる、

 

大前提は、

 

二つ。

 

 

 

商品・サービスの提供を受けて、

 

①満足、感動した場合と

 

②商品・サービスに不満を持った場合

 

 

の2パターンがあるということです。

 

 

 

そしてその威力を知ってますか?

 

 

 

まず、①の満足、感動した場合。

 

 

その場合ですが、

 

平均して一人あたり3人に話すと言われています。

 

 

まあもちろん3人とも

 

商品を買うとは限りませんが、

 

1人の人を満足させることができれば、

 

平均3人の人に口コミ広告を

 

してくれるというわけです。

 

 

素晴らしいですよね。

 

この広告は一切コストが

 

かかりませんからね。

 

 

 

ですが、反対に,

 

②の不満を持った場合。

 

 

これは、満足した場合の約4倍にあたる、

 

1人あたり11人の人に口コミをする、

 

といわれています。

 

 

 

つまり、

 

良い知らせより

 

悪い知らせの方がより多くの人に、

 

より早く広まるということを

 

是非覚えておいてください。

 

 

ニュースでもそうですね。

 

 

悪いニュースの方が、

 

より早く広まる傾向があると思います。

 

 

 

この悪い口コミについては、

 

強力ですので、

 

注意が必要です。

 

 

 

なぜなら、

 

本来なら獲得できていたはずの顧客を

 

この否定的な口コミによって、

 

逃してしまう可能性があるからです。

 

 

特に地域ビジネスをされている方は、

 

商圏が限られていますから、

 

一度悪い口コミが地域内で

 

広まってしまうと、

 

それを覆すのは

 

非常に困難になります。

 

 

 

相手の問題を解決して、

 

満足させ、もっと言えば

 

感動させることができれば、

 

 

勝手に口コミしてくれます。

 

 

ですから、

 

悪い口コミが広がらないようにだけ、

 

ケアをしっかりしておきましょう。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント