なぜ、最初に無料で提供する必要があるのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

さて、本日のテーマは、

「なぜ、最初に無料で提供する必要があるのか?」

についてお伝えしていきます!

 

結論から言うと、

 

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「見てもらう、読んでもらう、聞いてもらう」

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ために提供する。

 

そもそもですが、

あなたの広告は見てもらえていないし、

 

見てもらえても読んでもらえていないし、

 

あなたのメッセージ、セールストークも聞いてもらえない。

 

だから、無料で最初に見込み客が欲しい情報や何らかの商品を最初に提供する。

 

そうすることで、価値を提供し、

振り向いてもらう。

 

なんでもかんでも無料でしてしまうことは、絶対ダメ。

ただ、より多く売り、あなたのビジネスの価値を高めるためには絶対必要なこと。

 

仮に、

最初から有料商品を提供していると、10人にしか買ってくれなかったものも、

最初に無料商品を提供することで、50人がその無料商品を手にしてくれるかもしれない。

すると、その50人から10人以上の有料商品をその後買ってくれるかもしれないし、

大きな違いは、その50人に繰り返し、マーケティング活動、セールスを行うことができるということ。

 

このメルマガがそうですし、

 

私が行っているニュースレターなんかもまさにそう。

 

一度接点を持つことができれば、

その人に対して、自分のビジネスの近況や事例、成果を報告することができる。

 

最初は無料で、情報を提供しながら関係構築をし、時折ソフトなセールスをかけていく。

 

これがビジネスの価値を最大化する秘訣。

 

「今すぐ客」だけを相手にしていては、

 

長期的に、持続的に、安定して

利益を上げ続けるビジネスを作ることは難しい。

 

今すぐ買わない見込み客をどれだけあなたは

相手にできていますか?

 

そのリストを持っていますか?

 

まずは、そこに目を向けてみてください。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント