いわゆる「SEO対策」しないのが、最高のSEOになる!?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

SEOの考え方が変わりつつあります。

 

 

完全になくなるという

 

ところまではいかないけれど、

 

ほぼ数年前に行っていたような

 

SEO対策の考え方は忘れた方が

 

いいかもしれません。

 

 

というのも、

 

3月にGoogleさんから発表のあった、

 

スマホ対応していない

 

サイトの検索順位よりも、

 

 

スマホ対応しているサイトの方を、

 

検索順位で優遇するような

 

内容の発表があったことは、

 

 

ホームページをお持ちの方であれば、

 

業者経由かなんらかの形で

 

聞いている方も多いと思います。

 

 

これにプラスして、

 

GPSに連動したローカル化が始まっています。

 

 

要は、検索をかけると、

 

一番上には、広告。

 

右にも、広告。

 

 

そして、検索結果には、

 

位置情報をもとにした、

 

検索結果が表示されやすくなっています。

 

 

それは、

 

PCであってもスマホであっても、です。

 

 

 

つまり、

 

自分の家で検索をするのと、

 

例えば、職場で検索するのとでは、

 

検索結果が違ってくる、

 

ということなんです。

 

 

なので、

 

今後は、あなたが見ている検索順位は、

 

見込み客が見ている検索順位と

 

まったく異なると

 

いってもいいかもしれません。

 

(もちろん今までも、その人のパソコンの

 

閲覧履歴などで多少検索順位は変わってきましたが)

 

 

そして、今後はより

 

パーソナライズが進みます。

 

 

PEO(people Engine optimization)

 

です。

 

 

要は、

 

「検索エンジンを最適化する」のではなく、

 

「人に最適化する」

 

という考えを持ってもらえるといいですね。

 

 

 

まあそういう言葉があるのかは

 

ちゃんと分かりませんが、

 

考え方としては、

 

本当に個人、人にフォーカス

 

されていくんだなと。

 

 

そういう意味では、

 

より個人にフォーカスしたアプローチ、

 

戦略というのを

 

考えていく必要があると思います。

 

 

ソーシャルメディアは、

 

本当にその「個人」にフォーカスしていく上では、

 

非常に便利なツールだと思います。

 

 

 

是非今日の内容をヒントに、

 

ネットマーケティングを考えてもらえたらと思います。

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント