なぜ、相見積や安売り競争になってしまうのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。商品と情熱に自信がある経営者のビジョンを実現するマーケティングコンサルタント、株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

なぜ相見積されたり、安売り競争に巻き込まれてしまうのか?

なぜ、あなたの会社は
いつも相見積されたり、安売り競争に巻き込まれてしまうのか?
というテーマでお届けします。
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
結論から言うと、それは、あなたの会社の「情報不足」です。
どういうことかというと、見込み客は、あなたの会社や業界における購買する際の「判断基準」をほとんどの場合、持ち合わせていません。

だから、価格で判断してしまうのです。
でもきっとあなたの会社では、
「ここはうちの方が優っている!」
「ライバルA社なんかより絶対うちの方がいいのに!」
「うちはこんなところにこだわってやっている」というように、何かしらいいところをお持ちのはずです。
にもかかわらず、そういったことが見込み客に伝わっていないがために、うちよりも劣っているはずの他社に仕事を奪われてしまっています。

仕事を奪われたのはあなたが悪いからです。

それは、誰が悪いのか?
見込み客が悪い?
他社が悪い?
いいえ、あなたが悪いのです。
なぜなら、そもそも根本的に情報発信をしていないからです。
ホームページをただ置いているだけではいけません。
ブログを書いたり、ホームページを訪れた方に対して、小冊子を資料請求してもらったり、メールマガジンを発行したり、facebookで投稿をしたり、LINE@で友達追加をして、見込み客と繋がったり、YouTubeチャンネルを開設して動画をアップしたり、今や様々なメディアを使って情報発信を手軽にできる時代です。
なのに、「そんなの面倒くさい!」という方がまだいらっしゃいます。

あなたは、今後もめんどくさいことをしないで相見積を取られたり、安売り競争に巻き込まれる続けるのか、それとも面倒くさいことをやって、相見積や値下げ交渉をされずに、ライバルよりも高い金額でも見込み客から選ばれて、
利益率が高いビジネスにしていくかどちらを選びますか?

すべては事前対応なのです。
セールスも事前対応です。
場当たり的に、面談でなんとかしようとしてもできることに限界があります。
あなたが情報発信しない間に、見込み客はどんどん他社さんを選んでいます。
これは、脅しでもなんでもありません。
実際にリアルタイムで起きていることです。
その危機感をあなたは持っていますか?
そろそろあなたの会社の魅力をもっと発信していきませんか?
待っていても良いお客さんは集まってきません。
あなた自身が、見込み客を「良いお客さん」にしていくのです。

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!

セミナー集客実践チェックリスト53▶︎▶︎

セミナーに120人集客した超実践的ノウハウ集を無料プレゼント